効果の最近のブログ記事

2018年3月 1日

新築マンションの購入と身長

昨年の年末に新築マンションを購入しました。

マンション探しから転居まで3年近く経ってやっと引越しできたのですが、決して嬉しいものではありませんでした。引越し前の内覧会でみたマイホームは、新築にもかかわらず傷だらけだったのです。

施工会社の人に言うと、「それは直せません」と言って突っぱねようとしました。壁がななめだったり、天井がなみうっていたり、不良個所を数えたら100近くもありました。すごく悲しい気持ちになりました。諦めきれずに営業の人に連絡すると、補修を必ずさせると約束してくれました。でも、我が家にやってくる作業員の人は腕の悪い人ばかりです。養生もせずに家に入って、部屋を傷だらけにしていきました。フローリングの傷を修理してもらった時は、艶なしの床にラッカーをぬられ、テカテカにされてしまったのです。

そんなテカテカの部分が家中に何十カ所もあります。クローゼットの扉もテカテカです。せめてクローゼットの扉くらい交換して欲しいと言っていますが、無償でそのようなことはできないと言い張ります。

中古のマンションなら諦めますが、我が家は新築です。こんな傷物の家のためにローンを支払うなんて、まっぴらです。半年点検は完了することもなく、ほったらかしで、もう1年点検の知らせがやってきました。

いつになったらキレイなマイホームに住めるのか、考えると頭が痛くなります。家なんか買うんじゃなかったです。

子どもの悩みは身長についてどうなんだろうか。

2015年2月14日

葛根湯のすごさを実感しました。

出産後、母乳育児をがんばっています。それと同時に乳腺トラブルとも付き合っています。今までに何回も乳腺炎になることがありました。その都度「母乳外来」へ駆け込むのも費用的に厳しかったのでなんとか自分で対処できないかといろいろな情報を集めていました。乳腺炎になりかけのときに一生懸命インターネットで対処法を検索していると、ところどころに「葛根湯が良い」という記載がありました。葛根湯は上半身の炎症を抑える効果があると言われているようです。また、わたしは授乳中の身なので薬を服用することにも慎重になりますが漢方薬ならば母乳への影響を考えなくて良いだろうと思い、試してみることにしました。そういえばおばあちゃんからたくさんもらった葛根湯があったことを思い出して早速服用してみました。漢方薬の「苦い粉薬」というイメージそのものの味がしました。しかし「良薬は口に苦し」とも言うのでその効果は期待できました。ただ、漢方薬は即効性がないとも聞いていたので精神的な安定のために服用したという部分もありました。それでも服用し続けていると心なしか患部の痛みが徐々に緩和されていくように感じました。これから先も乳腺炎になりかけることが多々あるでしょうが早めに葛根湯を服用して対処していきたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち効果カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは副作用です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。