« 葛根湯のすごさを実感しました。 | ホーム | みんなと同じスマホがいい »

2015年2月23日

私の常備の漢方の胃腸薬

私は小さいころから胃腸が弱かったです。

ちょっとしたことで、下痢になったり、吐いたりしたことも多かったです。

50歳を過ぎたころから、仕事から胃腸が痛みだしました。

そこで医者に行って薬をもらうことになりました。

医者は仕事のストレスだと。



医者の待合室で置いてある本を読んでいたら、漢方の胃腸薬の処方が乗っていました。

そこで帰りに調剤薬局で漢方を買い求めました。

ドクダミ、オオバコ、センブリ、ゲンノウショウコ、アロエ等です。

皆で3千円くらいでした。これで1月は楽にもちます。

これをカミさんに煎じてもらいました。

これを昔のポットに入れておいて、お茶代わりに飲んでいます。



これはちょっと苦みがあります。

この苦味が効いているようです。

なれると苦みもそれほど気になりません。

その後歳をとるにつれて、今度は逆流性の胃炎です。

胃の内視鏡の検査で、やはり食堂の入り口付近がただれていると。

ときどき苦いゲップが出てくるのです。

最近は胃薬を飲んで、またドクダミ茶を飲んで、食後ちょっと横になっています。

すると調子がいいですね。



なお良い意味の副作用ですかね、おならもウンコも臭くなくなりました。

トイレの後も匂いません。

その他50代くらいに頭の真ん中が薄くなっていましたのが、いまでは産毛が生えてきたのです。

今はもう床屋さんに行って、カガミを見せてもらっても、気にならなくなりました。

人並みに毛が生えているのです。

これもドクダミのブレンド茶の効用ではないかと思っています。

このブログ記事について

このページは、masakankonが2015年2月23日 01:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「葛根湯のすごさを実感しました。」です。

次のブログ記事は「みんなと同じスマホがいい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。