« 葛根湯の乱用にモノ申します | ホーム | 私の常備の漢方の胃腸薬 »

2015年2月14日

葛根湯のすごさを実感しました。

出産後、母乳育児をがんばっています。それと同時に乳腺トラブルとも付き合っています。今までに何回も乳腺炎になることがありました。その都度「母乳外来」へ駆け込むのも費用的に厳しかったのでなんとか自分で対処できないかといろいろな情報を集めていました。乳腺炎になりかけのときに一生懸命インターネットで対処法を検索していると、ところどころに「葛根湯が良い」という記載がありました。葛根湯は上半身の炎症を抑える効果があると言われているようです。また、わたしは授乳中の身なので薬を服用することにも慎重になりますが漢方薬ならば母乳への影響を考えなくて良いだろうと思い、試してみることにしました。そういえばおばあちゃんからたくさんもらった葛根湯があったことを思い出して早速服用してみました。漢方薬の「苦い粉薬」というイメージそのものの味がしました。しかし「良薬は口に苦し」とも言うのでその効果は期待できました。ただ、漢方薬は即効性がないとも聞いていたので精神的な安定のために服用したという部分もありました。それでも服用し続けていると心なしか患部の痛みが徐々に緩和されていくように感じました。これから先も乳腺炎になりかけることが多々あるでしょうが早めに葛根湯を服用して対処していきたいと思います。

このブログ記事について

このページは、masakankonが2015年2月14日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「葛根湯の乱用にモノ申します」です。

次のブログ記事は「私の常備の漢方の胃腸薬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。