ホーム | 西洋医学は東洋医学に対して否定的? »

2012年5月 7日

女性の体には漢方が良いのかも?

結婚して最初の子供を授かり、その子達が双子だったこともありかなりきつい妊娠生活でした。

母が、出産後手伝いに来てくれたのでなんとか乗りきることができました。

母曰く、女は出産後が大変なのよと言っていました。

出産後は、ホルモンのバランスが乱れやすく体調を崩しやすいらしい。

そう言って、煎じ薬を飲まされました。

その薬は、昔母の実家のお抱えの漢方医が作ってくれていたものらしく母も出産後祖母に飲むように言われたそうです。

サフランの臭いが結構きつかった記憶があります。

そんなに嫌いな臭いではなかったので私の場合は抵抗なく飲めました。

もしかしたら人によっては、無理と云う方も要るかもしれないです。

母はその煎じ薬の事を血の道の薬と言っていました。

本当は、若い時から飲んでおくのが良いそうです。

生理不順や生理痛、更年期を軽くしてくれるそう。

そう言われてみれば、出産後そんなに体に不調が無かったのは母が飲ませてくれたからなのかもしれないですね。

今でも飲みたいですが、残念なことにもうずいぶん前にやめられたそうで

手に入れることができません。

母はあれが一番良かったのにねと言っていました。

漢方薬は配合が大事なので、なんとか似たようなものを見つけられると良いのですがなかなか難しいようです。

このブログ記事について

このページは、masakankonが2012年5月 7日 23:49に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「西洋医学は東洋医学に対して否定的?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。